ナバロレポート第3巻

ネバダ

図5はネバダにおける潜在的に違法な全220,008票をカテゴリー別に一覧表にしたものである。これはバイデンが勝ったと自称する33,596票の約6倍である。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: nevada-2.jpg
図5

ネバダ最大の不規則性は、クラーク郡で投票のサインを確認するマッチングマシーンAgilisの使用から生じた。人間によるサイン確認の代わりに機械を用いることは露骨な州法違反であり、このマシーンで認証された130,000票は疑問視される(注25)

Agilisマシーンはまた、メーカーの勧めの確認をせず選挙当日に使用されたと断言される。Agilisマシーンが郵送投票の外側に記されたサインと比較するイメージのファイルは、このマシーンが正しく動作するようにメーカーが提示しているより質が下回っていた。選挙当局はメーカー推奨より下にマシーンを変更調整し、信頼できなくした(注26)

ネバダはまた、42,284名の2重投票者(注27)を登録していた。それは投票者リストと投票者が同じ名前、住所、生年月日であるか調べるもので、99%の確度がある(注28)とされる方法で確認できる(注28)。

付け加えると、ネバダでは19,218票が州外から投票されていた。これはすべての郡から得られた投票者リストと軍および学生投票者を除外した他州の公的に利用できるUSPSの永久的住所変更記録リストをラインアップして確認された(注29)

最後に、1,506票が名前を詐称して投じられていた。これは、郵送投票と社会保障志望者リストとの照合で確証された(注30)8,000以上は住所を持たない人が投票していた。これは、投票者をCoding Accuracy Support Systemに参照し配達不能住所を見つけて判明した(注31)。4,000の非アメリカ市民もまた投票者になっていた。これは投票者リストと非市民のDMV記録を比較して判明した(注32)

(次ページはペンシルベニア